安全も、おいしさも、大切なんです。

オーガニック新篠津は、札幌から北東40kmにある新篠津村で有機野菜を生産している生産者グループです。

(有)岡 農産 岡 正久(47)

昨年よりも、面積が増えまた、新しい作物に挑戦します。

とにかくやるしかない気持ちですが、回りからは大丈夫かと思われています。皆さんに言います、安心してください美味しい農産物を作りますよ。







28年産特別栽培米 申請登録農薬一覧表

(1)取り組む防除技術の概要

1、EM資材による種子消毒

2、行害虫の発生をふせぐための畦畔雑草等草刈の徹底

3、カメムシ、いもち病発生予察実施による適期防除

(2)化学合成農薬の使用回数

節減対象農薬の使用状況

使用資材名     用途  使用回数

トリシクラゾール  殺菌  1回

クロチアニジン   殺虫  2回

シラフルオフェン  殺虫  1回

プロベナゾール   殺菌  1回

フェリムゾン    殺菌  1回

フラサイド     殺菌  1回

ピラクロニル    除草  1回

ベンゾビシクロン  除草  1回

ピラゾレート    除草  1回 

作付計画

・水稲    :120a(特栽米)
・水稲      :1000a(慣行栽培)
・大豆      :320a(慣行栽培)
・大豆 :200a(有機)
・軟白長ネギ :12a(有機)
・小松菜    :12a(有機)
・ほうれん草 :12a(有機)
・ズッキーニ    :4a(有機)
・とうきび   :10a(有機)
・人参 :8a(有機)
・じゃがいも :10a(有機) 
・玉ねぎ     :70a(慣行栽培)

昨年の反省

昨年は、天候も良く慣行栽培の水稲・大豆については、収量も品質も良く豊作の年でした。
有機栽培では、軟白長ネギは収量・品質も良く出来ました。
小松菜・ほうれん草は、手間が足りなく作付面積が減ってしまいました。
じゃがいもは、播種後のタネバエにやられ全滅になりました。
人参・ズッキーニは、そこそこ良かったです。
全体をとうして、良い作物も有り、悪い作物も有り、まだまだ頑張らないといけないと実感しました。


今年の目標

面積も増え、新しい作物にも挑戦しますが、一つ一つの農作業をしっかり行い、収量・品質とも良い農産物を作るです。

農業歴

昭和63年岩見沢農業高校卒業
平成3年北海道農業大学校卒業
平成3年拓殖大学稲作コース卒業
平成4年(有)岡農産に就農

農業への思い

畑で毎日一生懸命働き、安全で美味しい農産物を作り、皆さんに食べていただきたいです。

(有)岡 農産について

生産者名
(有)岡 農産
代表者名
岡 正久
所在地
〒068-1125 石狩郡新篠津村第47線北49番地

その他の生産者

オーガニック新篠津 スタッフの顔